FC2ブログ

【良作<佳作】※惜作 『リトルウィッチアカデミア』(2017/Ave.80.6) text by PIANONAIQ


作品一覧はこちら  企画に参加される方はこちら   前の作品へ  次の作品へ   作品を見る
wikiはこちら  Annictはこちら  公式サイトはこちら  ツイートはこちら  モーメントお品書きはこちら




作品NO.32 『リトルウィッチアカデミア』




リトルウィッチアカデミア3 68


 

リトルウィッチアカデミア レーダー小5 【良作<佳作】※惜作  2クール


世界観:75 脚本/構成:70 演出:85
キャラ:85 演技(声優):85  引き:75 劇伴:80 作画:90


Ave.80.6   詳しくはこちら     ネタバレ厳禁度:★★★★☆




2017年1月~6月
TOKYO MX、他
全25話オリジナル作品(TRIGGER、吉成曜
ファンタジー・学園




監督:吉成曜
シリーズ構成:島田満
キャラクターデザイン:吉成曜(原案)、半田修平
音楽:大島ミチル
アニメーション制作:TRIGGER




<キャスト(主要)>

アツコ・カガリ:潘めぐみ
ロッテ・ヤンソン:折笠富美子
スーシィ・マンババラン:村瀬迪与
ダイアナ・キャベンディッシュ:日笠陽子
アーシュラ先生:日髙のり子






《ワンツイートレビュー》

「アニメ」というもの対してこれまでの人生を通して抱いてきた様々なイメージが画面一杯に詰まって無限大の可能性に満ちた1話の素晴らしさは2000年代でも屈指のもの。脇役から端役まで、魅力的なキャラ達のポテンシャルの高さも最高級。故に、設定の練り込み、脚本構成の舵取りが惜しい作品……。





【その他】



「憧れ」や「夢」を軸(テーマ)に据えたひねりなしの直球王道ファンタジーの力を感じさせる脚本、原風景の記憶を呼び起こすようなどこか懐かしさを感じさせる魅力的なキャラクター造形、ハリー・ポッター的世界観、ディズニー、ケレン味あるアニメーションの力が指し示す深夜アニメ的文脈への連なり――などなど、あらゆるものが画面の隅々に詰まった1話の素晴らしさは、実に鮮烈なものであった。この作品の登場でアニメの進化の過程はまた新たなステージに入った、とそう思わせるほどの。

2013年に『アニメミライ2013』の一作として劇場公開された短編映画、その続編として2015年に劇場公開された『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』の二作品がともにこの上なく素晴らしい出来だったのもあり、完全新作として1話の素晴らしい幕開けで始まった本テレビシリーズが2クールという十分な尺を持つと知った時には、なんと贅沢な、一体どこまでこの作品は飛躍するだろうか、と大きく期待を膨らませもした(「魔法=昔ながらのアニメ」を匂わせる裏テーマの存在も話題となった)。

しかし、話数が進むにつれ、徐々に作品に対する引っ掛かりは大きくなっていく。
たとえば、この世界においてもはや古臭い過去のものとして扱われる魔法の地位の低さ。
壊れた箒を直すのに魔法学校の先生は魔法を使ってはいけないと指導する。それは、もちろん魔法なしでも行えることを学ぶのが大事だからとは理解できるものの、魔法で容易く直せてしまえるにもかかわらずこの世界でそんな便利なものが廃れた理由は何だろうか、という疑問が生まれる。
この辺で納得のいく理由や、「魔法に取って代わる新たなもの」の存在が明確に示されないまま物語が進むので、ヒロインのアッコが殊更「伝統的な魔法」にこだわる姿や、シャリオへの強い憧れといった本作品の核となる部分にまで疑いの目を向けるようになってしまう。
こういった設定の練り込み具合に加えて、2クール目からの物語展開の大きな方向転換が象徴する脚本構成の舵取りによって、序盤で無限大に感じられた作品の可能性、魅力的なキャラクター達のポテンシャルの高さが最終的にはそこまで飛躍せずに終わってしまった、というのが筆者の正直な感想だ。



リトルウィッチアカデミア2 85



それでも、13話18話20話……最終話と、随所に、キャラクターの魅力が際立った回や、アニメだからこそできる映像表現の力を強く感じさせる回圧倒的な作画クオリティに支えられたアニメーションの力で物語が躍動する回などが現れる、見どころ満載な作品であることだけは強調しておきたい。筆者の周りでも割とそういう意見は多かった印象があるのだが、期待の大きさと作品への愛故につい厳しいことを言ってしまう、そういう惜しい作品であるのかなと思う。





リトルウィッチアカデミア5







■ 作品評価     【良作<佳作】 ※惜作



傑作 絶対観た方がよい作品 
【名作】 観るべき、マストではずせない作品 
【良作】 観た方がよい(がマストではない)作品
【佳作】 時間があるなら観ることを勧めたい作品 
【水準作】 普通だが見どころはある作品

【凡作】 酷いが全否定ではない、どこか残念な作品 
【失敗作】 ほぼ全否定、何とも残念な作品 
【駄作】 取り上げる価値もない作品


【傑作・名作】 傑作と名作の中間
【傑作>名作】 傑作寄り
【傑作<名作】 名作寄り
※惜作 (名作になりえた惜しい作品)

◆ 作品評価順リスト(=「見て損はない作品」ランキング )はこちら




 
■ レーダーチャート評価  


リトルウィッチアカデミア レーダー
【総得点/Ave.】   645/80.6
――――――――――――――――――――――――――――――――
世界観 : 75
脚本/構成 : 70
演出 : 85                グループA:Ave. 76.7
――――――――――――――――――――――――――――――――
キャラ : 85
演技(声優) : 85            グループB:Ave. 85
――――――――――――――――――――――――――――――――
引き : 75 
劇伴 : 80                グループC:Ave. 77.5
――――――――――――――――――――――――――――――――
作画 : 90         
――――――――――――――――――――――――――――――――


100 唯一無二、これ以上はそうそう望めない最高峰 
95   最高、傑作レベル、文句なし、その作品にとってなくてはならない 
90   めちゃくちゃ良い、名作レベル
85 
80   かなり良い(強い、巧い)、良作レベル 
75   良い(強い、巧い)
70   なかなか良い(強い、巧い)、佳作レベル
65
60   普通、水準作レベル、少々物足りないが及第点は出せる 
50   凡作レベル、2流  30  失敗作レベル、3流  0  駄作・愚作レベル


※ 各パラメータが含むもの、点数の付け方など、詳しくはこちら
※ Ave.と作品評価は別、つまりAve.が75でも【名作】にすることは可能
◆ 総得点順作品リストはこちら





■ ネタバレ厳禁度   


★★★★☆  (要注意。ネタバレによって面白さ・衝撃度が低減する可能性あり)







リトルウィッチアカデミア4





執筆者 PIANONAIQ (@PIANONAIQ



前の作品へ  次の作品へ    作品を見る


     


      
スポンサーサイト



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ガイドライン

PIANONAIQ

Author:PIANONAIQ
初見者にネタバレなしで作品を紹介する企画です。

作品記事、コラム記事、どちらも常時募集しております(記事5本で円盤1枚)。

企画運営等に協力して下さる方も大歓迎です。


こちら(@PIANONAIQ)までお気軽にご連絡下さい。


詳しくは、

「深夜アニメの歩き方」の歩き方(目次)


本企画について

企画に参加される方へ

レーダーチャート、評価、採点、ネタバレ厳禁度について

コラム記事の募集について

企画に参加して下さった方への謝礼に関して


をお読み下さい。



《目次》



◆ 作品一覧はこちら

◆ 投稿順作品記事リストはこちら

作品評価順リスト(=「見て損はない作品」ランキング )はこちら

◆ 50音順別、各種配信サービス&作品検索はこちら

◆ 各年放送のテレビアニメ作品一覧はこちら

◆ コラム記事一覧はこちら

◆ 制作会社別記事数ランキングはこちら

◆ 監督別記事数ランキングはこちら

◆ 執筆陣はこちら



◇ 作品記事総数:73

【傑作】8
【名作】23
【良作】20
【佳作】16
【水準作】5
【凡作】0
【失敗作】1
【駄作】0

※惜作 4 ※超神回 4

(【傑作>名作】は【名作】とする)


◇ コラム記事総数:3

(2019年6月19日現在)
 
 

最新記事
執筆陣

PIANONAIQ
@PIANONAIQ)(22/25/2)

ツバメ
@cantdrawsw)(1/0/0)

ぎけん
@c_x)(1/0/0)

乙女座のばふちん
@bakhtin1988)(1/0/0)

テリー・ライス
@terry_rice88)(4/0/0)

HASSO
@shimesaba_taro)(2/2/0)

もち
@dye226)(0/1/0)

闇鍋はにわ
@livewire891)(3/0/0)

Takashi
@real_tenshi)(1/0/0)

カエル班
@Kaeru_D_Han)(1/0/0)

らば☆すと
(1/0/0)

すぱんくtheはにー
@SpANK888)(3/0/0)

こるげそ
@korugeso)(1/0/0)

絵樟
@EX5551)(1/0/0)

だんごむし
@ani_unknown)(1/0/0)


※(メイン/サブ/コラム)はメイン・サブ・コラム記事それぞれの寄稿回数

フォトギャラリー
作品評価基準 【深歩評価】

本企画では以下の評価基準を採用しています(詳しくはこちらをご覧下さい)。


傑作 絶対観た方がよい作品

【名作】 観るべき、マストではずせない作品

【良作】 観た方がよい(がマストではない)作品

【佳作】 時間があるなら観ることを勧めたい作品

【水準作】 普通だが見どころはある作品


【凡作】 酷いが全否定ではない、どこか残念な作品

【失敗作】 ほぼ全否定、何とも残念な作品

【駄作】 取り上げる価値もない作品



【傑作・名作】傑作と名作の中間
【傑作>名作】傑作寄り
【傑作<名作】名作寄り
※惜作 (名作になりえた惜しい作品)
※超神回 (ずば抜けて素晴らしい名作回がある作品)


※ ツイッターで本企画に関する呟きを行う際には<#深歩アニメの歩き方>のタグをつけて下さるとご意見を拾いやすくなるので助かります。

企画関連ツイート1
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる